So-net無料ブログ作成
検索選択
長女・川鍋文子・27歳・主婦 ブログトップ

キヘイおじ入院 ~後編~ [長女・川鍋文子・27歳・主婦]

前編の続き

大学時代は原始仏教やインド哲学に興味を持ち「仏教青年会」に所属し、ガウタマ・シッダールタ研究をしたとか。相当カタブツ!?、、、しかし、妹達(母と叔母)に言わせると、『ポン女、ポン女(日本女子大学)と憧れて騒いでいた』そうです。結婚する時(お嫁さんは叔母の親友。日本女子大卒ではない)、挿絵も自分で描いた詩集(結構良く出来ていると評判)を自費出版し「愛の証」としてプレゼントしたロマンティストぶり。
まぁ、妹達は『よくぞ兄の所などに来て下さった』とお嫁さんに大感謝したそうです。

・ 大学で第二外国語はロシア語専攻。留学はイギリスのケンブリッジ大学大学院。海外赴任はフランスのパリへ。語学が堪能。
・ 約30年間、殆ど朝4~5時に帰宅し、仮眠又は着替えるだけで又出勤。早ければ夜中1~2時に帰宅できることもあるとか。
・ 足の指を骨折したが、病院に通う時間がなく自然治療。少々の体の不調は黙殺。
・ 自分の信念を曲げない、圧力に負けない強い人。相手が誰であれ、言うべき事は言う。辞表を懐にしまいながら仕事をした。

等々、武勇伝も多いのです。
奥様である伯母はずっと『よく体が持つ。不思議。』と言っていましたが、遂に持ちませんでした。

原因不明の高熱が続き、緊急入院。病院の医師から普段の生活状況を聞かれ伯母がありのまま答えた所、全く信じてもらえず、完全に先生の想定外だったようです。明らかに積年の過労による発病でした。
結局2週間入院し無事退院出来ましたが、入院中も病室で電話・fax・メール・役所の方がいらして打ち合わせをしたりと、仕事から離れられなかったようです。
キヘイおじだけではなく、おじの周りにはおじと同じように死ぬほど日夜働いている役人が大勢いるそうです。

「命懸けで」とよく聞く台詞です。ちょっと前も、野田総理が「消費税を命懸けで」と叫んでいました。おじ達はそんな宣言を声高には決してしません。マスコミにどれだけ悪者扱いされようとも、突然お給料をカットされようとも、使命感を持ち、持てる能力の全てを駆使して日々黙々と働きます。

入院の為の書類作成の時、看護師さんに『ご家族は?』と聞かれキヘイおじは『息子が2人で妻は1人です』と返事。高熱でもおやじギャグ精神は健在はのです。伯母曰く、『そこだけは譲れないのよね~』と呆れ気味。
類は友を呼び、キヘイ入院と知った友人から『ついに産まれた?男?女?』とお見舞いメールが。臨月程のドラえもん体型とは思えませんが、、、。

ちなみにそんな父親の姿を見て育った息子(私のイトコ25歳)も役人になりました。
その壮絶さを誰よりもわかっているはずなのに。尊敬出来る姿だったのでしょう。彼に先日久しぶりに会ったら『毎日死ぬかと思っている』と言っていました。既に凄まじい日々が始まっているようです。


先日も、中国大使に任命された直後の外務省の方が突然路上で倒れ亡くなられました。さぞお忙しく、お疲れだったのではと拝察します。
真剣に日本の将来を考え、非力かもしれませんが全力を尽くしている「役人」や「政治家」が私の身近にいます。そんな面を少しでも知って頂ければ幸と思います。



中曽根弘文ファミリー日記を応援していただける方は、クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 群馬情報へ 人気ブログランキングへ

posted by AyakoKawanabe at nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キヘイおじ入院 ~前編~ [長女・川鍋文子・27歳・主婦]

こんにちは、長女・文子です[ひらめき]

突然ですが、母には1歳年上の兄がいます。名前は「キヘイ」。
国家公務員、いわゆる「役人」です。
世間では悪く言われるのは必ず、「政治家」と「役人」。私の身近にいる人ばかりです。
でも頑張っている姿も沢山知って頂きたく、今日は私の「おじ」について書きたいと思います。

母の実家は代々奈良県で山林業を営んでいましたが、母の祖父は二男だったので家業を継ぐ必要がなく上京し、早稲田大学理工学部を卒業後、自らコンプレッサーを開発し工業用冷凍機製作の会社を創業しました。
母の父が二代目の社長となり、今はこの業界では世界シェア№1の会社となっています。当然母の兄であるキヘイおじも入社すると思いきや、『企業利益を追求する仕事は自分には合わない。「公」の為に働きたい。』と後を継がず、公務員試験を受け「役人」になりました。

私の祖父・中曽根康弘も政治家になる前は官僚でした。必死で勉強し、公務員試験を受け、合格発表を見に行くと、成績が6番で『ウソじゃないか?問い合わせたら間違いだったと訂正されるんじゃないかと思い、急いで家に帰った。』と話していました。キヘイおじはもっと上位で合格しました。

おじは、麻布中学高校・東大法学部卒。麻布に入学したのは単に麻布に住んでいて家が近かったからで、祖母はおじに『勉強しなさい』と一度も言った事がなかったそうです。法学部ながら理系に強く、高校のあだ名は「物理のキヘイ」で、ずっと理Ⅲ(東大医学部)受験クラスにいました。
要するに「秀才クン」だったらしいですが、私からするとただの秀才クンではなく、おやじギャグの絶えない面白い、ほんわ~かした、ドラ焼きが大好物の、体型もややドラえもんの、姪に優しいおじさんです。


後編へ続く


中曽根弘文ファミリー日記を応援していただける方は、クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 群馬情報へ 人気ブログランキングへ

posted by AyakoKawanabe at nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お茶会 [長女・川鍋文子・27歳・主婦]

御無沙汰しています、長女・文子です[ひらめき]


先月敬老の日、主人が主催する「武者小路千家 随縁茶会」に、母方の祖父、両親、おば、兄、友人達と行きました[手(グー)]
武者小路千家・若宗匠にお茶を習い始めて約7年の主人が、初めて亭主&幹事という大役を務める事になり緊張の中、靖国神社の洗心亭にて行いました。
薄茶席は主人とお仲間の生徒さん、濃茶席は先生の美味しいお茶を頂戴しました[わーい(嬉しい顔)]

「茶道」の精神は「禅」に通じていますが、祖父は若い時から座禅を組み禅僧の「書」を集めるのが趣味ですので、この日の茶軸は主人が祖父から貰ったものを使用していました[手(チョキ)]父は日本を代表する文化である「お茶」を大変誇りに思っており、流派は違いますが、折々お茶席に伺い御関係の方々と親交も深いです。
母もおばも学生時代に御稽古をしていたようです。とは言え、兄や友人等、初めてお茶会を体験する人も多く、皆かなり個性的な客作法で、水屋お手伝いの皆様はさぞかしびっくりなさったと思いますが、先生も「楽しんで頂くのが一番です!」とおっしゃって下さり、お陰様で皆でとにかく楽しく美味しく頂戴しました[わーい(嬉しい顔)]


私も二年前から友人とお茶を習っていますが、お茶のお稽古中は「侘び・寂び」の精神を大切にし、茶室という静かな空間で茶を点てることに集中することで心を落ち着かせます。
その事によって自分自身を見直し、精神を高める、、、というレベルまではまだまだ到達していませんが、今後も日本文化に触れる時間を楽しみたいと思います[るんるん]
父も群馬へ行く前に、しっかり主人のお茶を飲み干し、シャキ!と東京駅から新幹線に飛び乗りました[新幹線][ぴかぴか(新しい)]

お茶会.jpg


中曽根弘文ファミリー日記を応援していただける方は、クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 群馬情報へ 人気ブログランキングへ

posted by AyakoKawanabe at nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

素敵な御披露宴in前橋 [長女・川鍋文子・27歳・主婦]

御無沙汰しております、長女・文子です!
あれ、絵文字が使えません、、、白黒ブログで恐縮です。

先日、兄と二人で前橋でお世話になっている三留さんのお嬢様の御披露宴に出席させて頂きました!
三留さんは父にとって大切なお仲間の一人です。

遡ること26年前の父の最初の選挙、高崎生まれの父は前橋方面の選挙で大変苦労した際に、三留さんが「チームヒロ」というグループを作り、お仲間を沢山集めて応援して下さいました。お陰様で初当選出来ました。

一度でも父に会った事のある人は御存じと思いますが、父は真面目で誠実でやると決めた事はやり抜く人。とても信頼できて、本当に日本のことを考えて仕事をしています。
一方で三留さん、私が最初にお会いした時の印象は、その風貌や雰囲気から正直『怖そう、、、』の一言でした。しかしお話させて頂いている内に、また特に一昨年の選挙で前橋方面を色々と連れて廻って頂き、その印象は大きくかわり、『真っ直ぐで真面目な、一度決めた事を貫く、沢山のお仲間に囲まれたとても魅力的な方』であることがわかりました。

三留さんと父には共通した人間性があり、こういう所がお互い尊敬しあう友人としての絆を深めたのではないかと思います。

こうして兄と私が、新郎新婦を祝福させて頂けるのも、三留さんと父の友情のお陰です。

史隆、弘乃さん、どうぞ末永くお幸せに☆

三留さんwedding.jpg

中曽根弘文ファミリー日記を応援していただける方は、クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 群馬情報へ 人気ブログランキングへ

posted by AyakoKawanabe at nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

大丸東京へ急げ、、、! [長女・川鍋文子・27歳・主婦]

皆様、御無沙汰しております。長女・文子です[ひらめき]

母と、大丸東京デパートに行って来ました。
昨日(16日)より催事場にて、地元伊勢崎の「グンイチパン」の『まゆっこ』と『アカシアはちみつのメロンパン』が買えるのです[exclamation×2]
qy8dcx4d7dzp.,..jpg

『まゆっこ』は、2011日本全国ご当地パン祭り・準優勝
『アカシアはちみつのメロンパン』は、2011パングランプリ東京・メロンパン部門会長賞受賞
「グンイチパン」さんの自信作です[パンチ]
群馬は小麦粉も水も美味しいので、そのせいかとても美味しいパン屋さんが多く、私は「パン」は群馬の誇る「特産品」だと思います[手(パー)]

「グンイチパン」さんは、先代の小此木社長が全国のパン組合会長をされた程、群馬を代表する企業で、毎日それはそれは美味しいパンを作っていらっしゃいます。小此木さん御一家と私達は長いお付き合いで、大変親しくさせて頂いていますが、皆様のパンに懸ける情熱は並々ならぬものです[exclamation×2]いつ伺っても、先代社長も現社長も、粉だらけの作業服で工場から登場されますし、ご家族やスタッフの皆様もいつもニコニコ笑顔で大忙しで働いていらっしゃいり、会社中に『美味しいパンを作るぞ[手(グー)]』という熱気が溢れているのを肌に感じます[ぴかぴか(新しい)]
きっとこのコンテスト出品作も、皆様が力を合わせて研究され作り上げられた御努力の結晶だと思います[るんるん]

qy8dcx4d7dzp.jpg
『まゆっこ』
カスタード・チョコ・ミルク・まっちゃのトローリなめらかクリームが、まゆの形のふわふわパンの中から溢れ出します。まさに群馬の名産品「絹」の食感です[わーい(嬉しい顔)]

2011.10~11 033.JPG
可愛らしいミツバチ(アーモンドを使った手作りで凝っている!)が乗っかっている『アカシアはちみつのメロンパン』と、
サクサクのパンの中から生クリームとメロンクリームの出てくる『メロンパン』です[わーい(嬉しい顔)]

qy8dcx4d7dzp...jpg
家族と、東京事務所の分をゲットして嬉しそうな母

大丸東京では22日まで限定発売しています!
群馬の方は、伊勢崎の「グンイチパン」さんでお求めになれます!
とっても美味しいで~す[ハートたち(複数ハート)]


中曽根弘文ファミリー日記を応援していただける方は、クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 群馬情報へ 人気ブログランキングへ

posted by AyakoKawanabe at nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感
長女・川鍋文子・27歳・主婦 ブログトップ