So-net無料ブログ作成
検索選択
長男・中曽根康隆 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

これからも、一歩ずつ。 [長男・中曽根康隆]

今回の衆院選群馬1区の自民党公認を巡っては皆様に大変ご迷惑をおかけいたしました。またご心配のお言葉も頂きました。

自民党群馬県連、自民党本部の最終的な決定が下された今、それを受け止めて、前を向いて精進していく所存です。

今回の解散にあたり、私は、

「群馬を元気にしたい。日本を元気にしたい。日本をここまでの経済大国、また平和な国にしてくれた先人に感謝し、これをより良い形にして次世代に残していきたい。その架け橋として役に立ちたい」

という想いで、自民党群馬県連に対して、もし推薦候補不在の事態であればお力添えをいただきたいと、若輩者ながら声を上げさせていただきました。私のその判断には、多くの応援・ご支援、ときに厳しいご批判もいただき、改めて自分の置かれた立場、成すべきことへの想いを強くいたしました。

私は、物心ついた時から、常に国の未来の事を最優先に考える祖父や父を見てきて、自分も同じ様に国家の為、すなわち今生きている我々とこれから生まれてくる日本人の為に何か出来ないかと強く思うようになりました。また、「意思や想いだけでは何も変わらない。行動しなくては何も始まらない。」という現実とも向き合ってまいりました。だからこそ今回、覚悟を決めて手を挙げさせていただきました。
父は現職の参議院議員ですが、私は私のタイミングで一個人として志を持ち、決断をいたしました。

私には「群馬」から日本を良くしたい、という強い想いがあります。生まれも育ちも違うのに何故「群馬」にこだわるか。それは祖父や父がこれだけお世話になった人々に恩返しがしたいからです。綺麗事を言うな、とお叱りを受けるかもしれません。ただ、故郷がない私にとって群馬は特別な場所であり、自分のアイデンティティに組み込まれている大切な場所なのです。

今回、非常に短い時間の中で、それでも多くの仲間を作ることができました。これからの群馬、日本を支えていく子供達が「群馬は凄いんだ。日本は凄いんだ。」と胸を張って誇りを持って生きていける、そんな環境作りを共にしていける仲間達です。

いずれにしても、ひとえに私の力不足が故に今回この様な結果となったこと、各方面の皆様にご迷惑をおかけする結果となりましたことをお詫び申し上げます。今後、自分にできることは郷土群馬を回りながら、1人でも多くの皆様と触れ合い、お話を聞かせて頂くと共に、機会を与えていただけるのであれば元総理の孫や元外務大臣の息子ではない、「中曽根康隆」という1人の人間の志をお話させていただくことだけです。

日本は今、大転換期を迎えています。その中に生きる若者として「後世に何を残したいか。どんな日本を描いていくか。」この大きすぎる責任に真っ正面からぶつかっていき、少しでも群馬に、日本に恩返しができたら幸いです。

引き続き皆様の絶大なるご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

中曽根 康隆


プロフィール3.jpg




中曽根弘文ファミリー日記を応援していただける方は、クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 群馬情報へ 人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

公認問題についての御礼とご報告 [長男・中曽根康隆]

こんにちは、康隆です。

11月19日に自民党群馬県連1区支部役員の皆様が党本部の茂木選対委員長に対し、「群馬1区の佐田玄一郎支部長を差し替えて欲しい」旨の要請を行いました。当日の支部での会議の中で、佐田先生が公認されない場合の候補者として私の名前が挙がったこともあり、「今後、佐田先生が公認されず新たな公認候補を擁立することがあるなら、私も郷土と日本の発展のために力を尽くしたいという強い気持ちがある」旨を、11月22日に1区の中沢支部長にお伝えをしていました。

1区支部の役員の皆様はじめ県連役員の皆様には、限られた時間の中で、公認問題ではご協議を重ね、大変なご苦労を頂きましたが、昨日(25日)、党選対本部では佐田玄一郎先生を今回の衆議院選挙群馬1区の公認候補者と決定致しました。

今回のことに関しまして、私に対し多くの皆様からご意見や激励を頂きましたことに深く感謝申し上げます。

私の「群馬と国のために働きたい」という思いは変わりません。今後も参議院議員中曽根弘文秘書として父の政治活動を支えてまいります。皆様には忌憚ないご意見とご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

取り急ぎご報告と御礼を申し上げます。

平成26年11月26日
中曽根 康隆

中曽根弘文ファミリー日記を応援していただける方は、クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 群馬情報へ 人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私の思い [長男・中曽根康隆]

先週金曜日のブログで「自分の政治への『志』が固まったから会社に辞表を出した」と書きましたことに対し大勢の皆様からご意見や激励を頂きました。有難うございます。突然の発信でしたので驚かれた方も多く「もっと詳しい説明を」という声を多数頂きましたので自分の「思い」を書かせて頂きます。


ここ暫く新聞、週刊誌上などで群馬県下衆議院議員候補として名前が出ました。が、現職の自民党所属国会議員がいらっしゃる内は、当然のことながら手を上げるわけにはきません。本日このタイミングでブログを書きましたのは、21日に解散となり、私の立場でも自分の意志をオープンにできる環境となったからです。


私は、「私の体には国家が入っている」と言っている祖父と、毎日深夜まで書類に目を通し努力を重ねる父の姿を子供の頃から見て育ちました。親から独立し、社会に出て自分なりに色々な経験を積み、改めて二人を見ますと、「志」を高く持ち、国の為に力を尽くす姿から学んだ事は多くありました。皆様に選ばれ負託を受け、公人としての責任の重さを胸に、愛国心を持って働くことを無言のうちに教わりました。そんな中で、いずれ自分も祖父や父がお世話になっている群馬の為、日本の発展の為に働きたいという思いを強く持つに至りました。


数年前よりこの道を歩みたいと父に相談致しましたところ「そんなに甘いものではない」と一蹴され、以後もなかなか聞く耳を持ってくれませんでした。しかし昨年5月に5年間勤めていたJPモルガン証券株式会社に辞表を出し、まず退路を断ってから改めて父に頼み、なんとか秘書として事務所に置いてもらいました。本籍は群馬でも東京生まれの私は、すぐにでも地元に入り一つでも多くの事を知りたい気持ちで一杯でした。しかし父が私を秘書とする条件は「東京の議員会館の事務所に勤務し、地元には入らないこと」でした。もし機会が与えられれば挑戦したらよいが、今、現職自民党国会議員がおられる状況であまり動き回るべきでない、との判断でした。


また、永田町の議員会館には地元からのお客様もお見えになりますので、暫く経ちますと「東京に長男が秘書として勤めている」と知られるところとなりました。父は全県下に後援会があり、熱心に政治活動を支えて下さる方がいて下さり、祖父の代からご支援頂いている方も多いですし、また、父の前回の選挙の時に私自身も選挙区を回り多くの方々に父のお願いを致しましたので、各地域の役員さんには秘書になった報告はした方が良いと思い、ここ一年は週に一度位の割合で県下各地域を廻らせて頂いています。未だ半ばで全地域は伺えていません。


秘書として現場で働いたこの一年半で各地域の皆様にもお会いし多くの事を学び、経験させて頂きました。政治の重要性を再認識すると共に現実の政治は甘いものではなく、命がけで取り組む覚悟が必要だという事も改めて痛感しました。父が「甘いものでない」と反対したことを実感しています。しかし厳しさを知った上でも、国政の場で全身全霊を捧げて働きたいという気持ちが一層強まって参りました。今後、もし挑戦の機会を与えられるならば、浅学非才の身ではありますが、持てる力の限りを尽くし、皆様と共に群馬と日本の未来を切り開いて行きたいと考えます。


以上、私の「思い」を述べさせて頂きました。

中曽根弘文ファミリー日記を応援していただける方は、クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 群馬情報へ 人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0) 

私の、衆議院選挙・群馬1区での出馬について [長男・中曽根康隆]

私、中曽根康隆は11月22日にこの度の衆議院議員選挙に於いて、群馬県衆議院小選挙区第一区より自由民主党の公認を得て立候補致したい旨、1区前橋支部に正式に申し出を行いました。

それを受けて本日24日の午前、前橋支部の会議及び、群馬県連選挙対策部会議が開催されましたが、会議に於いては党本部の選挙対策委員会へ公認申請する候補者についての決定はできず、公認問題については党本部に一任することになりました。

私としては機会が与えられるのであれば、郷土群馬と国家の発展のために全身全霊で頑張らせて頂きたいという強い決意をもっておりましたが、群馬県連が党本部へ一任することにより、私への公認は難しい状況になってまいりました。

多くの方々から応援の声を頂きましたことに深く感謝申し上げますとともに、引き続きご指導賜りますようお願い申し上げます。

中曽根弘文ファミリー日記を応援していただける方は、クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 群馬情報へ 人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山本一太参議院議員のブログについて [長男・中曽根康隆]

こんにちは、康隆です。

群馬県選出の山本一太参議院議員がブログ内で私の事をシリーズ化して書いている。
タイトルは「衆院群馬1区、県連会長の長男擁立には断固反対する!」。
既にシリーズ4まである。

ご自身のブログで何を書こうと自由だが、事実と異なる事や、他人に誤解を与えるような内容に関しては、しっかりと訂正・謝罪をしてもらう必要がある。

以下、当該ポイント(シリーズ「その3」においての以下の部分。)

「佐田氏のスキャンダルが発覚した後、急に(?)仕事をやめて父親の秘書になり、前橋を回り始めた現職の参院議員である県連会長の長男を、単に「ブランドがあるから」とか、「県連会長の長男だから」とか、「イケメンだから」とか、そんな理由で公認候補として急遽、擁立するようなことに賛成出来るわけがない。」

http://ameblo.jp/ichita-y/entry-11955084624.html

→私がそれまで勤めていた会社に辞表を出したのは5月中旬。最終出社日は5月最終日。佐田衆議院議員のスキャンダルが明るみにでたのは6月。
私は純粋に自分の政治への「志」が固まったから会社に辞表を出したわけで、スキャンダルとは全く無関係である。


事実を確認せずして、周囲に誤解を与えるような断定的な言い回しをされる事は非常に不愉快であり、即刻の訂正と謝罪を要求する。

感情的なブログに対して何を言っても無意味であるが、名誉を毀損される様な記述に関してはしっかりとこの場を借りて述べさせて頂く。

個人のブログで個人の考えを発信する事は自由であると思うが、何を書いても良いというものではないと思う。人を誹謗中傷し、人をおとしめる内容のものを、社会的立場と責任のある方が公然と書くことは如何なものかと思う。






中曽根弘文ファミリー日記を応援していただける方は、クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 群馬情報へ 人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | 次の5件 長男・中曽根康隆 ブログトップ